So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

郷土のめし 愛知(名古屋)・ ジャンボエビフライ

名古屋の名物といえばジャンボエビフライ
中部国際空港へ行けば、そんな匂いが
プンプン、キャラクターからして
エビフライがイヤに目に入る、しかし
決して昔からの名物ではないのだ、
造られた名物といえば、悪意を感じるが
自然と名物に押し上げられたものだ、
最もクルマエビの生産量では全国でも
上位を占めるのでエビが名物で当然だ

じえ11.jpg

タレントのタモリさんが名古屋弁で
よく出る語尾の”~みゃあ”を茶化して
”エビフリャー”とテレビでオンエア
してから、あれよあれよという間に
名古屋名物になったという事だが
名古屋っ子の言葉にエビフリャーは
無いらしい、商魂たくましい名古屋人は
このブームを利用しない手はないと
すっかり名物を造りだしたのだ
本当にジャンボだ、
長さ25センチ以上、身の径は
コインより大きい、天然のシータイガー
を使っているとの事だ、また身を開いて
アジフライの様なフライにしたワラジと
呼ぶものもある、しっかり身が隅々まで
あるのには驚く、
名古屋へ行って食べるかエビフリャー!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 滋賀(近江八幡)・ 赤コンニャク

滋賀県、琵琶湖東岸の中ほどの近江八幡
ここに ”赤コンニャク”なる赤色の
コンニャクがあるという、いかにも
唐辛子が入っていそうな色だが、辛くない
いたって普通のコンニャクだ、この色は
三二酸化鉄という赤色を出す食品添加物に
よるもので、我々の知る白色、灰色の
コンニャクと全く同じもので鉄分が多い分
健康にいいかといったものだ、今時そんな
人はいないと思うが近江八幡の年配の人で
地元を出たことのない人はコンニャクは
赤いものだと思っているらしい、それ位
近江八幡のコンニャクは赤色が大部分だ

あこ11.jpg

したがって、おでん、炒め物、酢の物と
ごく自然に使われている、ルックスと
食感はレバーそっくりなので、今は
あまり食べられないレバ刺しもどきの
食べ方が出来る、この色、地元の神社で
行われる左義長(さぎちょう)祭り
という火祭りの際の赤一色から、安土を
治めた派手好きの織田信長が作らせた
コンニャクだというのがもっぱらの
ルーツだ!!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 愛知(豊橋)・豊橋カレーうどん

愛知、豊橋にハイブリッドともいえる
うどんの名物がある、さすがトヨタの
地元県だ、カレーうどんとカレーライス
両方を食べられるものだ、実はこの
食べ方はよくあるのだ、カレーうどんを
注文してうどんを食べた後、ライスを
追加、カレー汁の残った椀にご飯を
入れて食べるというもので、隣席の
女性陣からは、”何とみっともない”と
いう目で見られるやり方だが旨いのだ
ここ豊橋では、これをスマートに実現
実は食べたかった女性にも堂々と食べて
もらえるようにしたものだ

とか11.jpg

まず椀に、ご飯をよそおい
・その上に山芋をすったものをかける
 これでカレーが最初から混じる事を
 防ぎ、混ぜた時に柔らかいトロミ感を
 だす
・そしてその上にカレーうどんを流し込む
 何故かウズラ卵が入っている、聞けば
 豊橋の名産物で入れることが定義に
 なっているとの事
ルックスは普通のカレーうどん、そのもの
ただし食べ方のルールがあって、
カレーうどんを食べる時によくやるのだが
”箸を入れてかき混ぜる”、これが御法度だ
これはよくわかる、せっかくのセットが
台無しになる、そっと上からうどんだけ
食べるのだ、成程、成程!!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 滋賀(長浜)・ 焼鯖そうめん

そうめん、ガラスの器に氷と錦糸玉子、
千切りきゅうり、トマトという感じ、
にゅうめんにしても汁椀にたたずむと
いうイメージが強いのだが、ここ長浜に
こういうイメージと対極のそうめんが
ある、濃厚な味がついていそうな麺の
上にどんと煮詰めた鯖の身がのっている
こちらで”焼鯖そうめん”という

やそ11.jpg

甘辛く煮た鯖の煮汁で茹でたそうめんを
煮て味をつけ、鯖の身をのせたものだ
若狭から京へ鯖を運んだ、いわゆる
鯖街道の通過点だった長浜は昔から
鯖は手に入れやすかったので農繁期に
さっと作って食べられるものとして
作られたようだ、暑い時期のものなので
濃厚な味にして、主食というよりおかず
といった感じで、これでご飯を食べる、
あるいはアテにして酒を呑むという
スタイルだ、汁なしのそうめんだから
必然的にそうなるな、確かに柔らかく
ほぐした鯖の身を麺にからめて口に
入れるとビールが欲しくなる!!

今日の一品レシピ紹介




【伊藤久右衛門】


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 愛知(名古屋)・てんむす

名古屋と言えば ”てんむす” という
イメージだが元祖はお隣、三重県が
発祥という事らしい、あれよあれよと
名古屋名物になってしまったが、
太っ腹、三重県はまあいいんじゃない
と意に介しない感じだそうだ

てむ11.jpg

三重県の津市のある天ぷらを
扱う店が忙しく、車エビの天ぷらを
切っておむすびの中に入れて賄いと
していたのを、常連の客が目ざとく
見つけ定番になったという、まあ
よくある話だ、この店ののれん分けの
店を名古屋で出し
・エビフライ好きの名古屋人気質に
 あった
・尾張名古屋の口上で有名な
 名古屋城の金のシャチホコを
 エビに見立てた
といったこともあって名古屋名物と
なったようだ、天ぷらをご飯で包む
というと、ちょっと油っこいかなと
思うが以外にそうでもない、丁度
いい塩加減と小ぶりの大きさで
女性でもペロリといった感じだ
新幹線の車内での弁当には丁度
いいだろう!!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 滋賀(東近江)・ 泥亀汁

滋賀県琵琶湖東部中ほどの東近江に
何とも食欲のそそる??名前の名物が
ある”泥亀汁(どろがめしる)”
罰ゲームの食べ物かと思うような名前だ
見れば別にぶつ切りの亀が入っている
訳ではない
少し多めのすりつぶしのゴマに味噌を
加えた汁に格子状に切れ目を入れた
ナスビを入れた汁ものだ、ゴマで
濃いめになった汁を泥に、斜め格子の
切れ目のナスビを亀の甲羅に見立てた
物だ、シンプルな味でアッサリと旨い
しかし、もう少し名前は候補が無かった
のかと聞きたい!

どじ11.jpg

この泥亀汁、歴史は古く江戸時代からの
ものという、全国を駆け回る近江商人達が
暑い時期に夏バテ防止に栄養価の高い
ゴマを大量に使い、火の通りが
よいようにナスに切れ目を入れた
合理性を重んじる近江商人の考えた
郷土料理だ、冷やして冷や汁のように
食べることもあるらしい、今はゴマを
するという工程をみてもわかるように
手間がかかる為、あまり作られる事が
無くなったらしいが、是非伝えていって
ほしい郷土料理だ!!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 愛知(名古屋)・ あんかけスパ

名古屋にモチモチの極太麺で
濃厚、ボリュームたっぷりの
ドロッとしたソースのかかった
スパイシーなスパゲッティがある
”あんかけスパ”と呼ばれ、東京でも
名古屋名物と表示して店のメニューに
しているところもあるほどだ

あす11.jpg


数ある”なごやめし"の中でも存在感の
あるもので
・茹でた極太麺をラードたっぷりで
 炒めて麺に油をコーティング
 これで中モチモチ、外パリッの
 逆アルデンテの麺に
・数種の野菜、肉を具材の原型が
 無くなるほど3日程煮込み、 
 黒コショウでスパイシーにした
 ソースをかけるものだ
そして絡める具材によって何やら
カタカナのサブタイトルがついている
これが名古屋以外の人間にはわからない
・野菜の具材のものをカントリー
・ウインナー等肉類のものをミラネーゼ
・野菜、肉ミックスをそれぞれの頭を
 とってミラカン
ほとんどの客がミラカンだそうだ、まあ
そうなるだろう、これ以外に白身魚の
フライを乗せたものをバイキングという
らしい、名付けた人に由来を聞きたいな
ガッツリ系である事は確かだ、
腹の減っている時に食べてみよう!!

今日の一品レシピ紹介





【伊藤久右衛門】

 
 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 滋賀(長浜)・ サラダパン

滋賀県北東の長浜に”サラダパン”なる
ソウルフードがある、イメージとしては
パンにレタスをしいてポテトサラダでも
サンドしたものかと思いきや、
とんでもない と言ったら失礼か意外な
ものが入っていた、なんとタクアン、
それもマヨネーズで和えてある
パン+タクアン+マヨネーズ、
この組み合わせはありなのか?しかし
1日2000個程も作り、店には行列が
出来るという程のものだ

さぱ11.jpg

当然、目ざといメディアの注目をあび
オンエアされるとなお一層の売れ行き
という、高速SA、コンビニといたる
ところで目にする、昔なつかしい
コッペパンにマヨネーズ和えの
刻みタクアンが入っているのだが
何故サラダ?、当初はタクアンの
代わりにキャベツの千切りを入れて
いたが翌日になるとキャベツの水分が
出てベチャ感がどうもという事で
タクアンが代打に出てきてヒットを
打ったという事らしい、タクアンも
野菜だからサラダには違いないという
事でそのままのネーミングという
しかし、このパン、もう50年もの
歴史があるという、スゴイもんだ
賤ヶ岳SAにあるようだ、立ち寄って
珍しい味を味わってみるか!!


今日の一品レシピ紹介








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 愛知(名古屋)・味噌カツ

名古屋名物、まずはと指折りの中に
入る ”味噌カツ” 全国にトンカツは
数あるがソースでなく濃厚な地元の
豆味噌ベースのソースをかけたものだ
名古屋っ子は、本当に濃厚味が好きだ

みか11.jpg

この味噌カツ、戦後間もない頃の
屋台の串カツがルーツという、
屋台なので当然、揚げ置きしてある
串カツが積まれている、ある日、客が
赤味噌で牛や豚のホルモンを煮て
いたどて煮の中に、串をつけて
食べたところ旨く、また漬ける事で
温め直しになるという事で名物に
なったという事らしい、味噌カツは
居酒屋メニューだったのだ
という事でこのルーツを大事にした
サラサラタイプの味噌にドボッと
漬けた感じにしているタイプと
いかにも味噌タップリという
ドロドロタイプの2種類があるようだ
カツにも
・本当にわらじの様な大きさのカツが
 2枚乗っているわらじトンカツ
・鉄板の上で味噌の匂いをまきながら
 ジュウジュウと熱々の鉄板トンカツ
・ルーツそのままの串カツタイプ
と楽しめる、とりあえずスンナリ箸が
入りそうなサラサラタイプでいくか!!

今日の一品レシピ紹介










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土のめし 滋賀(高島)・とんちゃん焼き

滋賀の西北、高島に”とんちゃん”と銘打つ
名物がある、とんちゃん、とん云々の
名物は日本各地にあるが、ほとんどが
豚肉料理だ、ここも豚肉かと思いきや
さにあらず、鶏肉だ、何故だ?と聞くが
わからないらしい、客が言い出したものが
いつの間にか定着したという事だ
お隣韓国では味付けた牛ホルモン焼きを
”トンチャン”と呼ぶ、高島には在日韓国の
人が多く住んでおり、味噌、醤油で
味付けた鶏肉の味を韓国の焼肉の味に
結びつけたのではと言われている

とち11.jpg

1966年頃、鶏肉を販売していた店が
その頃は無かった味付けの鶏肉を甘辛く
味噌等で味付けて売り出したのがルーツ
すぐに焼き肉店を開いたところ大繁盛
今日の高島の大名物になったという次第
メディアにも注目され、濃厚な味付けで
男性ばかりか女性にも好まれている!

今日の一品レシピ紹介







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -