So-net無料ブログ作成

郷土のめし 熊本(南関)・あげ巻き寿司

熊本の北部、福岡との県境にある南関町、
ここの名物”南関揚げ”を海苔に代わりに
使った巻きずしがある

なんかんあげまき1.jpg

この揚げは、昔からの伝統食品で
江戸時代初期の島原の乱の後、
四国伊予松山からの移住民によって製法が
伝えられたもので、圧縮機にかけて水分を
十分に抜き二度揚げすることにより
常温でも約3か月の長期保存が出来る
30センチ角位の大きさで薄くパリッと
した食感で出汁や煮汁を含むとジュウシーに
なる特徴を持っている
出汁、しょうゆ、砂糖等を入れた煮汁で
じっくり煮込んだ南関揚げを軽くしぼって
巻きすの上にしき海苔の代わりとした
南関揚巻き寿司、少し歯ごたえがあり
モチモチ、巻いている揚げにも味が
ついているので海苔とは叉、一味違った
食感だ、昔からのもてなし料理だった
”南関揚巻き寿司”を試してみよう





スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました