So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 熊本・いきなり団子

熊本に面白い名前の名物がある
”いきなり団子”輪切りにしたサツマイモと
アンを合わせて小麦粉を練って平たくした
生地で包み、蒸しあげたものだ

いきなりだんご1.jpg

昔から家庭で普通に作られてきた菓子だと
いう
・いきなり来客があってもすぐ作って出せる
・熊本あたりでは、片付けのヘタな
 人を”いきなりな人”といい、いきなりとは
 ”ざっとしている”、簡単という意味がある
 ので 簡単に作れる団子という意味がある
といった名前の由来がある、阿蘇周辺では
サツマイモを多く栽培していて古くから
農家のおやつとして作られていた、当時は
高い砂糖を使ったアン等は使われず
サツマイモの輪切りを小麦粉の生地に包み
蒸していたという、ほのかに生地に効かせた
塩味とサツマイモの甘味がからみ小腹が
すいた時の美味しいおやつだったのだろう
豊かになった今はアン入りや、様々の
アレンジ団子が出てきている、もちろん
出来立て蒸したてのものが美味いが、
冷凍ものはそのままレンジでチンすると
ベチャッとしてしまうので自然解凍してから
加熱してサツマイモをホクホクにして食べる
のが美味しいと地元のおばあちゃんが教えて
くれた、一度原点のサツマイモだけの団子を
作って食べてみよう、素朴でイイカモ





 

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: