So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 熊本・ひともじぐるぐる

熊本の郷土名物に”ひともじぐるぐる”と
いうものがある、ぬたのようなもので
ネギの分葱(わけぎ)を茹でて冷まし
白根の上を折り、白根を軸にぐるぐると
巻き付け酢味噌で食べるもので江戸時代
からの名物と言われている

ひともじ2.jpg

天明2年(1782年)に厳しくなってきた
藩の財政を立て直そうと肥後藩主の
細川重賢が万事を切り詰める節約を命じた
特に贅沢品の酒の肴がターゲットにされた
その時に手に入りやすい分葱を使った
”ひともじぐるぐる”が出来たという、
今では熊本の居酒屋のメニューになって
すっかり酒の肴になっている、ところで
この名前だが
・ひともじーネギは宮中で葱を古名で”き”
      と読み女官たちはネギを
      ひともじぐさと呼んでいた
      一文字”き”だから一つの文字で
      ヒトモジとシャレたのだった
・ぐるぐるーこれはそのままで巻いている
      状態
不思議なのは、宮中言葉がどうして九州の
熊本に伝わったのか、叉 みやびな言葉
”一文字”と”ぐるぐる”と言った庶民の単純な
表現がコラボした、このアンバランス、
誰がどうして名付けたのかわからない、
名付けた人に聞いてみたいものだ


      


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: