So-net無料ブログ作成

郷土のめし 鹿児島・かいのこ汁

鹿児島に、いかにも郷土料理といった
感じの汁物がある”かいのこ汁”、”かのこ汁”
ともいう、具だくさんの味噌汁、汁気の
多い煮しめといったものだ

かいのこ汁.jpg

かいのこ汁というのは”粥の子”が訛って
言われているもので、お盆にお粥を
供える時に添えた汁物という意味だ
芋や雑穀が主食だった時代に白いご飯は
盆や正月しか食べられなかった特別な
もので、お盆の時期に一晩水につけた
大豆を粗びきにして味噌汁にして
夏野菜をふんだんに入れた精進料理の
かいのこ汁を添えた、この時に入れる
昆布が、野菜昆布と言われる
棹前(さおまえ)昆布、通常の収穫より
早い6月頃の漁でとるもので、まだ十分に
実入りしていない柔らかいもので九州、
沖縄地域でよく食されるものだ、時期に
用意できる山の幸、海に幸(もっとも
魚は使わないが)を汁物にした、昔の
特別食だ、今ではそうも思わないが
昔の人にとっては年の数度しか食べられない
ご馳走を先人の気持ちを思いながら口に
運ぶと叉、一味変わってくる









スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました