So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 岩手(盛岡)・冷麺

岩手の三大麺料理、わんこそば、
じゃじゃ麺と並ぶ”盛岡冷麺”、この麺だが
ちょっと整理する必要がある、特に関西の
人は、冷麺と冷やし中華を混同して
ウカウカすると同じものだと思っている
人がいる
・冷やし中華
 ラーメンに使う中華麺を冷やして、上に
 キュウリ、ハム、錦糸卵、紅しょうが等を
 のせたものでしょうゆダレかごまダレで
 食べる
・盛岡冷麺
 小麦粉、じゃが芋のデンプンを使って
 押し出し麺という製法で白っぽい半透明の
 コシの強い麺を作っている
 だしは牛骨ダシの濃厚なもので、
 大根キムチ、季節の果物のトッピング
・韓国冷麺
 そば粉をメインに製麺した黒く細い麺で
 スープはアッサリ系で味のついた肉と
 梨のトッピングが多い
と違いが整理できる

もりおか冷麺1.jpg


この盛岡冷麺、北朝鮮出身の在日朝鮮人の
人が1954年に盛岡で開業したのが
スタートで当初は出身地の北朝鮮同様
そば粉を使ったので灰色の麺でコシが
強く”ゴムを食べているようだ”とすこぶる
評判が悪く売れなかったが、そば粉を
外して白い麺に変える等して販売を
続けて、やがてファンを獲得して盛岡冷麺と
して名物となる程になったという、我々が
韓国に旅行して食べる韓国冷麺も朝鮮戦争で
南に逃れてきた北の出身者が本格的に伝えた
ものだという、という事は盛岡冷麺は
由緒正しい生まれで、独自に日本式に
アレンジされたものだ、盛岡で完成の域に
達した冷麺を食べてみよう、間違っても
”冷やし中華”と注文してはいけない





スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました