So-net無料ブログ作成

郷土のめし 博多・ゴボ天うどん

博多と言えば超有名なラーメンだが
ラーメンに劣らない麺の名物が
ある”うどん”だ、実は博多は
うどん発祥の地なのだ、知らなかった!
中国からもたらされたもので最初は
ワンタンのようなものだったと言われて
いる、うどん発祥の地という石碑まで
立っているという、博多のうどんの
出汁は必ず”いりこ”を使い昆布を
組み合わせたしょうゆ味だ、そして
定義とも言うべき特徴がある
・麺の柔らかさだ、もうこれはクター
 くちびるで切れるほど
これは、博多が商人の街で忙しい、
早く食べられるように、イヤ食べると
言うより飲むのだという人もいる
・トッピングにゴボウの天ぷらを
 のせる
普通ゴボ天といったら、ゴボウの
周りに練り物をつけて揚げたものだが
こちらは笹がき状ののものに衣を
つけて揚げる、又はかき揚げ風だ

ごぼう天うどん1.jpg

このゴボ天、関門海峡を越えると
聞かないと言われる程、博多独特の
ものだ、またそのゴボ天の大きい事
麺が見えない程のゴボ天をのせる店も
あるとか、魚の旨みが溶け出した
出汁をたっぷり吸った衣のゴボ天は
美味い、叉出汁の味を殺さない程度に
カレー風味を加えたバージョンも中々の
ものだ、このゴボ天のトッピングは
他の地では、おそらく食べられない
だろうから、博多へ行ったら必食だ!!





スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました