So-net無料ブログ作成

郷土のめし 宮城(気仙沼)・フカヒレ丼

宮城の気仙沼に何ともゼイタクな丼が
ある、フカヒレ丼だ、あの中華の
高級食材を庶民感覚の丼にして食べると
言うのだからスゴイ、
もちろん中華料理店でも
扱っているのだろうが、
こちらのメインは寿司店が出している
酢飯の上に錦糸状のフカヒレを敷き詰め
特大の姿煮をトッピングした和風丼だ

ふかひれ1.jpg

三陸の海の幸の集積地の気仙沼では
昔からフカヒレの産地として名が知られ
江戸時代にはナマコ、アワビと共に
中国へ輸出され、金銀に代わりに決済も
されたという程で、今でも上海、香港と
行った高級中華店向けに輸出されている
程の優れものだ、東京でこんな丼を
注文したら、間違いなく”福沢諭吉”様に
ご登場願わないといけないが、
気仙沼では、産地だけあってご登場
いただかなくてもよさそうだ、
気仙沼へ行ったら、おそらく頂上の丼の
”フカヒレ丼”を食べてみよう!!





スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました