So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 宮城(仙台)・三角あぶらあげ

仙台市ではあるが中心部から西方へ
小一時間、車を走らせたところに
浄土宗の”定義如来 西方寺”という寺が
ある、なんでも壇ノ浦の源平合戦で
敗れた平家の落人が持ってきた
阿弥陀如来像を納め、この像を
定義如来と称したそうだ、
それにしても壇ノ浦から仙台とは
現在でもかなりの距離だ、
当時としては気の遠くなるような
時間がかかったであろう、ご苦労様、
日本全国の神社仏閣の門前には、
参拝客相手の名物があるが、ここ
定義山の麓の西方寺にも
”三角あぶらあげ”という人の手のひら
程の厚さ2センチ位の三角形の
油揚げがある、定義とうふ店という
店が揚げたてを出していてアツアツの
揚げに唐辛子としょうゆをかけて
かぶりつくという名物だが日に
6000枚も出るという怪物級の
あぶらあげだ


さんかくあげ1.jpg

元々は西方寺への精進料理用の豆腐を
製造する為に明治23年に創業したと
いう、当時は揚げる鍋が丸型だったので
四角い豆腐では隙間が出来、効率が
悪いので多くの豆腐を揚げられるよう
三角形にしたという由来がある
一晩かけて水抜きをし中温と高温で
2度揚げしたもので外はカリッと
中はフワフワと中々のものだ
120年以上の伝統あるあぶらあげを
食べる為、仙台に行ったら定義山まで
足を伸ばしてみよう、ちなみに
”じょうぎ”ではなく”じょうげ”と読むのが
正しいそうだ




スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: