So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 秋田(横手)・豆腐カステラ

秋田県南部に豆腐カステラという菓子が
ある、もっとも地元では菓子という分類
ではなく、もっと広く食されている、
おかず、酒のアテともなるらしい、
水けを絞った豆腐に砂糖、卵を加えて
上下をカステラのように焼いたもので
江戸時代末期にはあったといわれる位
歴史のあるものだ

とうふカステラ1.jpg


カステラ自体は南蛮渡来の品だが、
北前船での交易で京都、大阪からの
文化が伝わったものだろう、それを
豆腐を使って似たものを作り出したのが
ルーツとされる、”腐”という食品には
そぐわない字を”富”にかえ
”豆富カステラ”としたり、”豆腐水仙”と
いう風流な名をつけているところもある
県外の人間にとっては、菓子のようでも
あるし、といって醤油をつけて食べると
いう話を聞くと首をかしげるが、
ともあれ一度口に入れてみよう!!





スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました