So-net無料ブログ作成

郷土のめし 島根(隠岐)・焼きめし茶漬け

島根県の隠岐に”焼きめし茶漬け”という
名物がある、しかし名前から類推する
チャーハンを丼に入れてお茶をかけた
物ではない、この地方では
”焼きおにぎり”を”焼きめし”というのだ
味噌を塗って焼いたおにぎりに、お茶を
注いで食べるものだ、昭和天皇が隠岐を
訪ねられた際、あまりに美味しいので
お代わりを所望されたという

やきめしちゃずけ1.jpg

この茶漬けの秘密は、おそらく
使われている”小醤油味噌”、いわゆる
”なめ味噌”だ、隠岐では
昔からの調味料で、普通はつぶして
しまう大豆、米を残したまま使う
しょうゆと味噌の中間的な調味料で
干物、刺身、炒め物と万能的に
使われている、仕込んだ時は
”白味噌”だが熟成すると赤色に、
更に黒っぽくなっていく、つまり
使う時期により味が変わってくるのだ
我々も隠岐に行って、陛下にならい
茶漬けを食べてみよう、古くからある
島の味を発見するために!!







スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました