So-net無料ブログ作成
検索選択

郷土のめし 茨城(水戸)・西山うどん

常陸太田市から水戸にかけての地区に
うどんの名物がある、”西山うどん”
このうどん、何が違うかというと、
その極太さ、割りばしと比べると
よくわかる、又長い60センチから
70センチ位はあるのではないか、
そして総じてどの店も量が多い、
当然煮込み、カレー、肉うどん等
メニューは豊富だが
この極太のうどんを味わうのなら
冷やし系、つけ麺系が合いそうだ

にしやまうどん1.jpg

水戸と言えば天下の副将軍
黄門様のおひざ元、日本人で
初めてラーメンを食べたと
言われる麺好きな黄門様、晩年は
現在の水戸市の茅葺きで質素な
隠居所”西山荘(せいざんそう)”で
過ごしたそうで、黄門様は好きな
麺を自ら打って、うどんや冷や麦を
ふるまったという記録があるという
黄門様のうどんがこんなに太かった
かどうかはわからないが、”西山”と
いう名は、ここからとられている
水戸へ行ったら、天下の副将軍が
生みの親だと思って極太モチモチの
うどんを食べてみよう!!






スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました