So-net無料ブログ作成

郷土のめし 山口・飛龍頭(ひりょうず)

山口の名物に飛龍頭(ひりょうず)
がある、豆腐をすりつぶし、小魚の
ミンチ他をあわせ丸くして
揚げたものだ、いわゆるガンモドキ
関西から西では”ひろうす”、
”ひりょうず”と呼ばれているものだ
このガンモドキとひりょうず、同じ
ものという認識だったのだが、
生まれは全く違う別物だった

ひろうす1.jpg


ガンモドキは名の通り雁の肉に
似せた精進料理でコンニャク、
豆腐などで肉に似せたものだった
江戸時代まではコンニャクを
焼いて味付けたものをガンモドキと
言っていたという説がある
一方の飛龍頭はポルトガルの菓子で
小麦粉と卵を合わせて揚げ、砂糖を
つけてたべるFillos(フィリョス)から
きていて、どうも長崎で日本風に
変えられ、長崎の町人により山口の
漁師に伝えられたのがルーツという
事だ
 どちらも加工しやすい豆腐を使って
色々工夫していった末に同じような
物を作り出したというのが
真相らしいが、定かではないらしい
しかし同じものでここまで名前が
違うのも、ある意味で興味深い!!




スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。