So-net無料ブログ作成

郷土の菓子 岩手・山田生せんべえ

岩手は三陸海岸の中央辺りに位置する山田
ここに焼いていない ”生せんべえ” なる
江戸の代からの名物がある、米粉とゴマを
練り込んだ生地を、薄く丸く整え蒸して
半乾燥させたものだ、蒸してあるので
もちろん、そのまま食べられる、パリッ、
バリッとは全然違う、むっちりした食感だ

なせ111.jpg

この辺りを治めていた南部藩の
江戸後期の保存食がルーツらしい
直径15センチ程、厚みは1ミリ程か
この形状からして、最初は丸餅だった
ものを、平にのばしたのではと思ったり
する、事実山田せんべい餅という菓子が
存在する
ゴマの香りを楽しみながらモチモチと
食べるのもいいが、一寸トーストして
食べるのが旨いとか、又油で揚げるとか
アレンジも良いようだ、
黒っぽいゴマ入りの他、クルミをいれた
白バージョンもあるようだ、この地へ
行ったら、珍味を味わってみよう!!


今日の一品レシピ紹介









スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。